こんな学校で学びたい!?東京には公立の通信制高校もある!

スクーリングとは何を意味するのか

ところで、スクーリングとは何を意味するのか、これから通信制高校で学習をしたい中学生や他の高校に通っている人で編入を検討されている学生さんなど気になるものといえます。
スクーリングとは、通信教育の学生・生徒さんが受講する短期間の教室での講義・授業といわれますが、実際に学校に登校して教師からの対面での指導を受けることをこのように呼びます。
正式には面接指導と呼ばれるようですが、面接や指導と聞くと何となく抵抗を感じる人も多いかと思われますが、スクーリングと聞けば何となくカッコよさがあったり気軽に学校に行けるイメージになるのではないでしょうか。
授業を聞いたり、先生から個別に相談しながら学習への理解力を深める、このような目的の中で行われます。
学校の中には、部活動などに参加して他の生徒との交流を深める場として活用しているところもあるようです。
都内にある通信制高校は、すべてが東京都立の公立校ですが、3校とも自校作成問題での学力検査と調査書を利用して入試試験を行っているようです。
学力検査は、国語・数学・英語の3教科を総合して60〜70分間の中で行われる試験です。

全日制の高校や定時制の高校などと同じ高卒の資格を得ることが可能スクーリングとは何を意味するのかスクーリングのことも考えた上で選択することが重要